2015年5月10日日曜日

カスタム制作工程10

カスタムメイドフェザーワンドの制作工程 その10


これで全ての作業が完了し、最後に発送準備です。

フェザーワンドを作成した専用箱に入れ、更にそれをダンボール箱に緩衝材で充分保護しながら入れます。
2重梱包ですが、デリケートな羽根を考慮して、丁寧な梱包を心がけています。


以上で制作工程のあらましをご紹介いたしました。


レインボーフェザーのフェザーワンドは、長期の使用にも耐えうる丈夫な制作を心がけていますが、羽根の部分は、体や物に触れたりするとバサバサしてきたり、切れ目がでてきたり、直接エアコン等の風の当たる場所へ常時置いておくと、羽根部分が乾燥してツヤがなくなってきます。
それも自然の持ち味で、過敏になる必要はありません。
もし、羽根部分が汚れた場合は、濡れたティッシュで両面から挟むようにして拭き取るとよいでしょう。

その他、定期的にナグチャンパ等のお香や、乾燥したホワイトセージの葉などでフェザーワンド自体を浄化することをお奨めします。

メンテナンスも受け付けておりますので、結びのほつれなどお気軽にご相談ください。


つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿